Urchin  → Angelfish (後継ソフト)

Urchin を知り尽くした元Google社員によって設立された Actual Metrics社 が、Urchin 後継ソフトとして
Angelfish を開発しました。

Urchin のようなアクセス解析ソフトを引き続きご利用されたい方は、ぜひ 『 Angelfish 』をお試しください。
必ず Angelfish を気に入ること間違いございません。
※現在、英語版でのご提供となります。

コンプライアンス上、Google Analyticsサービスなどをご利用できない企業様にセキュリティを担保できる
オンプレミス(サーバーインストール型)のAngelfishをお薦め致します。

Urchin マーケティングの最適化


◆マーケティングの最適化


サイトへのトラフィックの誘導がどれだけ効果的かを把握できます。

UTMを利用した場合のサンプルレポートを以下に示します。


例)1 日のユーザー数


 ・ユーザー数グラフには、一定の期間にサイトを訪問したユーザー数が表示されます。

 ・新規ユーザー率グラフには、全ユーザーに対する新規ユーザーの比率が表示されます。


  



例)セッション数とページビュー数日別(月別)


 ・一定の期間のセッション数、PV数、1回のセッションあたりの平均 PV 数をグラフで確認できます。

 ・表示する期間および表示単位も選択できます。

  ★日別にレポートしますと、曜日ごとのアクセス状況がわかります。



例)セッション数とページビュー数(時間別)


  ★時間別にレポートしますと、時間別ごとのアクセス状況がわかります。!



例)ユーザーリスト


 ・指定した期間にサイトを訪問したすべてのユーザーの情報を確認できます。

  ★下記ユーザーが2011/07/14にアクセスしたサイト内経路を確認



例)参照ソース


 ・検索エンジン、参照サイトなどのソース別にセッション数、セッションの平均PV数を比較できます。

 ・検索エンジンやリンクを張っているサイトからの訪問者を把握します。( [ ソースのコンバージョン ] と同じ)

  ★※(direct)[(none)]について → アクセスログにリファラー情報がない場合(直接URLを入力など)

  ★※(not set)[(not set)] について → IP+UserAgentの場合は、ほとんどクローラー、UTMの場合は、キャンペーン設定の不具合。



例)ユーザー定義


 ・Urchin では、地域や言語設定など既定のセグメントだけでなく、独自のセグメントを設定して各セグメントのユーザーの行動を分析することができます。

 ・たとえば、データベースから、ユーザーの性別に閲覧や購入などの動向を分析できます。

  ★ユーザー セグメントを設定するには、Javascript の __utmSetVar 関数を呼び出します。



例)コンバージョン サマリー


 ・コンバージョン レポートでは、最も効果の高いキャンペーン、ソース、メディアを確認できます。

 ・このレポートには、1回のセッションあたりの PV 数、コンバージョン率、平均セッション値が表示されます。

  ★キャンペーン、ソース、メディアを指定できます。



例)キーワード全体のコンバージョン


 ・最も効果の高いキーワードを確認できます。

 ・検索広告キーワードとオーガニック検索キーワードのセッション数、セッションあたりの PV 数、コンバージョン率、平均セッション値が

  表示されます。

  ★キーワードをクリックしますと、検索エンジン毎にレポートできます。



例)CPC 広告と検索結果のコンバージョン


 ・最も効果の高い検索エンジンを確認できます。

 ・このレポートには、検索広告とオーガニック検索のセッション数、1 回のセッションあたりの PV 数、コンバージョン率、

  平均セッション値が表示されます。

  ★キャンペーン分析の仕掛けがない場合は、すべてオーガニック検索キーワードとなります。



例)検索キーワード 月別推移


 ・分析オプションを利用して、キーワード のセション数月別推移をレポートします。

  ★季節関連のキーワードの場合にアクセスが開始する時期、終了時期がわかります。



例)検索キーワード 地域別


 ・キーワード の地域別セッション数をレポートします。

  ★地域性のあるキーワードの場合に、地域別セッション数がわかります。