Urchin  → Angelfish (後継ソフト)

Urchin を知り尽くした元Google社員によって設立された Actual Metrics社 が、Urchin 後継ソフトとして
Angelfish を開発しました。

Urchin のようなアクセス解析ソフトを引き続きご利用されたい方は、ぜひ 『 Angelfish 』をお試しください。
必ず Angelfish を気に入ること間違いございません。
※現在、英語版でのご提供となります。

コンプライアンス上、Google Analyticsサービスなどをご利用できない企業様にセキュリティを担保できる
オンプレミス(サーバーインストール型)のAngelfishをお薦め致します。

Urchin トラッキング方法

Urchinには、利用可能な情報に応じて、訪問者やセッションを特定するトラッキング方法が2つ用意されています。


 ★UTMについて

  ・Cookie導入により、より正確な訪問者情報を提供できます。

  ・ユニークユーザーをレポートすることができます。

  ・Webブラウザでのキャッシュからの表示もページビューにカウントできます。

  ・eコマースおよび広告効果測定(キャンペーントラッキング)は、UTMが必須です。


 トラッキング方法

                    

 IP+UserAgent

 IPアドレスとユーザエージェント(ブラウザ)情報を使用してユニーク セッションを識別します。訪問者の新規セッションの開始を識別するために、設定可能な30分間のタイムアウトが使用されます。※アクセス後、30分間新規アクセスがないと、セッション終了とみなします。  セッション、ページビューの合計数にクローラーのアクセスも含まれますので、実際のアクセスより 大きい数字となります。



 UTM

 (Urchin Traffic Monitor)



 ユニーク ユーザーを最も正確に計測することを目的として設計されたものです。
 クライアント側のCookieを使用して初回訪問者と再訪問者を追跡することにより、各訪問者を一意に識別します。ページビューの合計数にクローラーのアクセスは含まれません。 また、 Cookie非対応の訪問者はカウントされません。
 
各ページビューに対し一行のログと、各ヒットに対し、Cookieの情報が付加されますので、ログ容量は大きくなります。