Urchin  → Angelfish (後継ソフト)

Urchin を知り尽くした元Google社員によって設立された Actual Metrics社 が、Urchin 後継ソフトとして
Angelfish を開発しました。

Urchin のようなアクセス解析ソフトを引き続きご利用されたい方は、ぜひ 『 Angelfish 』をお試しください。
必ず Angelfish を気に入ること間違いございません。
※現在、英語版でのご提供となります。

コンプライアンス上、Google Analyticsサービスなどをご利用できない企業様にセキュリティを担保できる
オンプレミス(サーバーインストール型)のAngelfishをお薦め致します。

Urchin 6 FAQ



  • なぜ、別途データベースサーバーをインストールするのですか?

  • Urchin 5 では、Urchin の設定データを Urchin 自身のデータベースにて管理し、外部から直接編集することはできませんでした。 Urchin 6 からは、設定データを Urchin 以外のデータベースサーバーで管理するように仕様が変更され、設定データに直接アクセスし、編集することが可能になりました。 注意:Urchin 6 におけるレポートデータは、別途用意したデータベースには保存されません。

  • このページの上部へ戻る

  • トラッキング方法により、レポートの種類は異なりますか?

  • Urchinには、利用可能な情報に応じて、訪問者やセッションを特定するトラッキング方法が2つ用意されています。トラッキング方法により、解析できる項目(レポート)が異なりますので、ログ解析では重要なポイントとなります。

  • このページの上部へ戻る

  • UTM(Urchin Tracking Monitor)とは、何ですか?

  • Urchinソフトウェア独自技術であるUTM(Urchin Tracking Monitor)の意味と設定方法について解説します。 UTMは、JavaScriptとCookieの組み合わせにより、クライアント側でキャッシュヒットや訪問者のユニーク性の特定を管理するUTMセンサーと、ログ解析サーバ側に含まれるUTMエンジンから構成されます。 UTMセンサーの管理するCookieはファーストパーティ製であり、プライバシーポリシーに反しない範囲での情報収集が可能となっています。 UTMセンサーがキャッシュヒットや訪問者のユニーク性を独自に管理しているため、UTMを利用したサイトは精度の高い閲覧情報及び解析を行うことが可能となっています。

  • このページの上部へ戻る

  • UTM利用で解析したがレポートされない?

  • レポートでヒット数とバイト数のレポートは正常でしょうか? ●正常にレポート  正常に解析されていますので、おそらくUTM設定に不備がございます。  ・Apacheのログフォーマット   LogFormatにCookieが追加されていない。  ・トップディレクトリに、UTMファイルがない。   __utm.gif、__utm.jsの2つのファイルが必要です。   このファイルがございませんと正常にレポートできません。  ・ログソースのフォーマットがAutoでない ●レポートされていない  ヒット数とバイト数がレポートされていない場合は、解析時のログの「data lines」「data hits」を確認してください。  ログデータがスキップされている可能性がございます。  ログフォーマットや既に解析された日付のログデータなどが考えられます。

  • このページの上部へ戻る

  • 各Web ページにスクリプトを埋め込む必要がありますか?

  • より詳細(正確な)なレポートを望むなら、 UTM と併用する必要があるので、 UTM スクリプトを各ページに埋め込むことを推奨します。 UrchinでUTMトラッキングを選択した場合に、UTMスクリプトを埋め込んでいないページは、ヒット数と転送バイト数のみ有効となりますので、留意してください。

  • このページの上部へ戻る

  • Urchin 5 と Urchin 6 の変更点?

  • Urchin 5 から Urchin 6 への変更点は次のとおりです。


    主な特長

    • 基本ライセンスで、プロファイル、ログ ソース、キャンペーン トラッキングをすべて無制限でご利用いただけます。アドオン モジュールは不要です。

    • 包括的な SEO/SEM キャンペーン トラッキング機能を備えており、プロファイルにつき 4 つまで目標を設定できます。

    • ほとんどのレポートで豊富なセグメント比較オプションをご利用いただけます。

    • ドメインだけでなく、ユーザーの所在地に関する詳細なレポートを提供します。


    設定

    • リレーショナル データベース (MySQL または PostgreSQL) のバックエンドを使用します。

    • リモートの設定サーバーでホストされた設定データベースをサポートします。


    タスク スケジューラ

    • スケジューラがマスター スケジューラとスレーブ スケジューラの 2 つのプロセスで実行されるようになりました。

    • バックエンドの設定データベースへのスクリプティング インターフェースを介して、簡単にタスクを管理できます。


    ユーザーのトラッキング

    • Urchin 5 の __utm.js トラッキング javascript は、Google Analytics と互換性のある urchin.js トラッキング javascript に変更されました。 __utm.js を使用してサイトをトラッキングしている場合は、urchin.js を使用するよう、サイトのタグ設定を変更する必要があります。


    ログ処理

    • 地域データはメモリに保存されます (大容量のランタイム メモリ フットプリント)。

    • ログ ソースの期間機能により、ログファイルで特定の日付パターンに一致する複数の日を検索できます。

    • プロファイル全体をメモリ上で実行できます。


    データとストレージ

    • プロファイル データベースの月あたりのデフォルトのレコード数が 10,000 から 100,000 に引き上げられ、必要に応じて月 500,000 レコードまで増やすことができます。

    • 地域データの拡張 Geodata: ドメインのみの MaxMind データから Quova の詳細な地域データに変更されました。

    • 毎月のテーブル レコード数のデフォルトの上限が 10,000 から 100,000 に引き上げられました。

    • プロファイルにつき月 50 個のファイルをサブディレクトリを使用して分類できます。

    レポート UI

    • グラフやチャートを表示する Flash が Adobe SVG に変更されました。

    • レポートは、CSV と XML でのみエクスポートできます。

    e コマース

    • トラッキング javascript の (GA と同じ) 関数を使用して、ウェブサーバーのログに e コマース トランザクションを直接記録できます。

    • ELF2 形式の外部のショッピング カート ログをサポートしています。

  • このページの上部へ戻る

  • eコマースのトランザクッションの収集方法は?

  • eコマーストランザクションのトラッキングを有効にします。

    管理画面でプロファイル設定の設定タブで、eコマースを有効にします。

    トラッキングコードの設置

    2番目のステップでは、下記トラッキングコードを挿入します。

    <script src="/urchin.js" type="text/javascript">
       </script>

    次に、下記トラッキングコードに次の行が書き込まれるようにします。
    [ ] 内は実際の値に置き換えてください。

    <form style="display:none;" name="utmform">
       <textarea id="utmtrans">UTM:T|[order-id]|[affiliation]|
       [total]|[tax]| [shipping]|[city]|[state]|[country] UTM:I|[order-id]|[sku/code]|[productname]|[category]|[price]|
       [quantity] </textarea>
       </form>

    utmsettrans()の起動

    <body>の開始タグのonloadイベントに:

    <body onLoad="javascript:__utmSetTrans()">

    または、 bodyタグを編集して、 utmsettrans関数を呼び出

    <script type="text/javascript">
       __utmSetTrans();
       </script>

    ●例

    UTM:T|34535|Main Store|111108.06|8467.06|10.00|San Diego|CA|USA
    UTM:I|34535|XF-1024|Urchin T-Shirt|Shirts|11399.00|9
    UTM:I|34535|CU-3424|Urchin Drink Holder|Accessories|20.00|2

    2つの種類の行: 、トランザクション行と、アイテム行です。
    トランザクションごとに、 1つだけ存在する必要がありますトランザクション行と、これは示された直後に" T "し、 " UTM : "です。この行では、トランザクションの合計を指定するなど、任意の税や配送料やその他の情報です。各項目は、領収書、アイテム行を作成するには、指定された" i "のです。アイテム行に含めることが、商品名、コード、単価、および数量です。の数に制限はありません1回のトランザクションあたりのアイテム行です。

    パラメータリファレンス


    トランザクション行の変数

    [order-id]      Your internal unique order id number
    [affiliation]   Optional partner or store affiliation
    [total]         Total amount of the transaction in pounds
    [tax]   Tax amount of the transaction
    [shipping]      The shipping amount of the transaction
    [city]  City with which to correlate the transaction
    [state/region]  State or province
    [country]       Country

    アイテム行の変数

    [order-id]      Your internal unique order id number (should be same as transaction line)
    [sku/code]      Product SKU code
    [product name]  Product name or description
    [category]      Category of the product or variation
    [price]         Unit price of the product
    [quantity]      Quantity ordered

  • このページの上部へ戻る

  • タイトル別コンテンツが表示されない?

  • タイトル別コンテンツのレポートを表示したい場合は、トラッキングをUTMにする必要がございます。 UTMで設定されている場合は、UTMスクリプトの位置が違っている場合がございます。 <title>の下に挿入してください。

  • このページの上部へ戻る

  • レポートをスクリプトを利用してCSVでエクスポートしたい?

  • urchin.cgi エンジンからデータを取得してテキストベースのレポートを出力するu6data_extractor.plでエクスポートできます。 詳細な方法につきましては、弊社Urchinトレーニング・サービスをご利用ください。

  • このページの上部へ戻る

  • レポートに静的な URL と動的な URL を表示する方法は?

  • クエリ パターンは、[上記のコンテンツ] のレポートには表示されず、 [ページ クエリ パラメータ] の専用の詳細サブレポートに表示されます。 [上記のコンテンツ] のレポートにすべてのページとクエリ パターンを表示するには、次のフィルタを使用してデータの表示方法を変更します。 注: このフィルタを適用したプロファイルは処理時間が長くなります。 また、固有のページ名が増えるため、データベースの制限を超える場合があります。 次の設定で新しいプロファイル フィルタを作成します。 フィルタの種類: アドバンス フィルタ A: request_stem (AUTO) ? 引用 A (.*) フィルタ B: request_query (AUTO) ? 引用 B (.*) 出力先: request_stem (AUTO) - 構成 $A1/$B1 フィールド A は必須: はい フィールド B は必須: はい 出力フィールドを上書き: はい 大文字と小文字の区別: いいえ

  • このページの上部へ戻る

  • レポートに検索エンジンが表示されない?

  • [プロファイル設定] の [オーガニック検索照合キーワード] フィールドを使用して、Urchin で検索エンジンとキーワードを検出する方法を設定します。 このフィールドを確認、編集する方法は次のとおりです。 画面右上の [構成] をクリックします。 検索エンジンを確認するプロファイルの横にある [編集] レンチ アイコンをクリックします。 [レポート] タブをクリックします。 [データ解析オプション] の下に [オーガニック検索照合キーワード] フィールドが表示されます。 Urchin では、オーガニック検索照合キーワード リスト (カンマ区切り) を使用して、参照元サイトのクエリのパラメータと照合し、パラメータの値を参照サイトで使用された検索キーワードまたは検索用語として取得します。 自動的に追加されない検索キーワードを取得するには、オーガニック検索照合キーワード リストにエントリを追加します。 デフォルトのリストはほとんどの検索エンジンに対応しています。 たとえば、オーガニック検索照合キーワード リストに「google|q」(「q」はクエリの頭文字) が設定されている場合、ログ ファイルの URL に「google|q」が含まれる場合は Google が検索エンジンとして表示されます。

  • このページの上部へ戻る

  • レポートをエクスポートする事は可能ですか?

  • テキスト・XML・Excel(CSV)でエクスポートすることが可能です。ただし、Excel(CSV)で出力したファイルは UTF-8 でコーディングされているため、エクスポートされたファイル開く場合は、Microsoft Excel 2003 以降で、かつ[データ]メニューの「外部メニューの取り込み」の「データの取り込み」から文字コード UTF-8 を指定して、開く必要がありますので、ご注意ください。

  • このページの上部へ戻る

  • 解析実行画面で「スレーブスケジューラが無効」と表示されます?

  • コマンドラインから Urchin 6 を起動する際は、 urchinctl で start オプションを使用して実行しても、スレーブスケジューラが正常に起動されません。 コマンドラインから Urchin 6 を起動する際は、 start オプションを使用してコマンドを実行した後に restart オプションを指定して起動を行ってください。 [実行例] # urchinctl start # urchinctl restart

  • このページの上部へ戻る

  • ERROR: (8011-323-1057) Failed to allocate memory

  • FreeBSD を使用している場合 FreeBSD では、プロセスのデータサイズを 500 MB に制限するようハードコードされていますが、 ログ処理中にメモリを使用する Urchin の地域データによってこの制限を超過してしまうため、 下記のようなランタイム エラーが表示されます。 ERROR: (8011-323-1057) Failed to allocate memory この問題を解決するには、FreeBSD システムのデフォルトのプロセス データサイズを増やす必要がございます。これには、/boot/loader.conf ファイルを編集し、下記の行を追加します。 # Increase max process data segment size to 1GB kern.maxdsiz="1073741824" その後、再起動を行います。 警告 このような方法でシステムの制限値を変更する場合は、慎重に作業を行ってください。 kern.maxdsiz の設定値が大きすぎると、システムを起動できなくなる場合がございます。 変更の前に FreeBSD のマニュアルを確認し、独自のサイト構成に適用した場合に予測されるリスクを検証することをおすすめします。   その他 おそらく、過去1ヶ月分などの大量のログを解析した場合に、エラーとなります。 ログを分割して解析するか、メモリを上限まで上げるなど対処してください。

  • このページの上部へ戻る

  • rollbackのエラー

  • プロファイルの処理が次のエラーで失敗します。 ------------------------------------------------------ Urchin 6.4.00 (windows) starting: 20080229 15:50:13 ------------------------------------------------------ プロファイル処理: {profileName} (マシン名 5764) 警告: (7050-323-271) 自動ロールバックの開始 警告: (7054-323-308) バックアップが存在しないため、データベースを復旧できません。 詳細: C:\Program Files\Urchin6\data\reports\{accountName}\{profileName}\200508-backupv6-*.zip エラーの理由: このエラーは、前回の処理が失敗し、ロールバックするバックアップが存在しない場合に発生します。 対処方法: 影響の生じている月のレポート データをすべて削除して、その月全体のデータを再処理します。

  • このページの上部へ戻る

  • WARNING: (7063-54-63) Unable to open database for writing since it has been archived

  • WARNING: (7063-54-63) Unable to open database for writing since it has been archived 「(7054-323-317) バックアップが存在しないため、データベースを復旧できません」というエラーが発生した場合の対処方法 このエラーが発生するのは、ログのトラッキング データベースは月単位で Urchin に保存されるためです。 Urchin は処理時にログ ファイルの最初の数行を読み込み、ログが属している月を判断し、その月のデータベースを開こうとします。 その月のデータベースがアーカイブされている場合、Urchin はアーカイブされているデータベースの読み書きを行うことはできないため、エラーが返されます。 回避方法は 2 つあります。 アーカイブ機能をオフにして、該当のプロファイルの *-archive.zip ファイルを解凍し、*-archive.zip ファイルを削除します。 ログのワイルドカードを変更して、文字列に一致する日付を含めます (今年のファイルのみを指定する場合は YY* または YYYY* を使用できます)。

  • このページの上部へ戻る

  • WARNING: (7025-76-40) Log file does not exist or is not readable

  • ログファイルが存在していないか、ログファイルへアクセスできていない可能性があります。 ログファイルへのパスおよびアクセス権を確認してください。 また、現在の Urchin 6 ではログファイルのパスに、半角カナおよびマルチバイト文字を含むディレクトリやファイルを扱うことができません。 ログファイルを指定する際のパスには、半角英数および半角スペース以外が含まれないように指定してください。

  • このページの上部へ戻る

  • 解析したが、”data hits: 0”で正常に解析できない?

  • Hitが0ということは、ログデータの時間が認識できない場合が多いです。 ログフォーマットを確認して、ログ フォーマットに対応したカスタム ログ フォーマットファイルを lib/custom/logformats ディレクトリに保存します。

  • このページの上部へ戻る

  • [上位のファイル] レポートと[ダウンロード] レポートのヒット数が違いますが?

  • たとえば PDF ファイルの場合、最初のページ リクエストでは、ウェブサーバーからステータス コード 200 が返されます。 以降のすべてのページでは、ステータス コードは 206 (部分ダウンロード) となります。 [ダウンロード] ダウンロードのヒットにはステータス コード 200、302、304 が必要とされるため、この PDF ファイルのダウンロードは、ステータス コード 200 のヒットである 1 件のみがレポートに表示されます。 [上位のファイル] レポートには、ステータス コードが 2XX、302、または 304 で、ページビューと考えられる適切な MIME 形式に一致する、すべての有効なファイル リクエストが表示されます。 Urchin では、gif、jpg、jpeg、png、js、css、cur、ico、ida の拡張子が付いているファイルを除くすべての MIME 形式のファイルが、 デフォルトでページビューとして扱われます。 このため、上記の例の 5 回の PDF リクエストは、各ヒットに 200 または 206 のステータス コードが含まれるため、上位のファイル レポートではすべてこのドキュメントへのヒットとして表示されます。

  • このページの上部へ戻る