Urchin  → Angelfish (後継ソフト)

Urchin を知り尽くした元Google社員によって設立された Actual Metrics社 が、Urchin 後継ソフトとして
Angelfish を開発しました。

Urchin のようなアクセス解析ソフトを引き続きご利用されたい方は、ぜひ 『 Angelfish 』をお試しください。
必ず Angelfish を気に入ること間違いございません。
※現在、英語版でのご提供となります。

コンプライアンス上、Google Analyticsサービスなどをご利用できない企業様にセキュリティを担保できる
オンプレミス(サーバーインストール型)のAngelfishをお薦め致します。

Urchin お得情報



  • タスクは100%完了しているのにタスク スケジューラの画面が解析中のまま?

  • 下記手順で復旧させます。

    ①まずは、Urchinを停止してください。

    ②データベースのuprofiles_queueを削除してください。

    ③lock.udbを削除してください。

    ④Urchinを再起動してください。

    詳細は、⇒ 参照ページ

  • このページの上部へ戻る

  • レポートをスクリプトを利用してバッチ処理でCSV形式ファイルでエクスポートしたい?

  • urchin.cgi エンジンからデータを取得してテキストベースのレポートを出力する u6data_extractor.pl でエクスポートできます。
    u6data_extractor.pl のパラメータでTAB形式やCSV形式などにエクスポートできます。
    sf : sort field
    - the number of the field to be sorted
    sb: sort by
    - 1 (descending order)
    - 2 (ascending order)
    dow: day of week total
    - 1..7 (Sun .. Sat)
    - 0 (Aggregate sum of daily totals)


    dt : calendar date type (used by javascript code to determine dtc)
    - 1 (year)
    - 2 (month)
    - 3 (week)
    - 4 (day)
    - 5 (day of week)
    - 10 (custom)


    dtc: date type
    - 0 ( when used with dow=0, returns aggregate total of daily values,
    but it seems to work only for reports whose table field value is T)
    - 1 (hourly)
    - 2 (daily)
    - 3 (monthly)
    x - export
    1 - tab-separated file
    3 - csv (with Content-Disposition:inline; filename=)
    7 - xml
    2,4,5,6 - plain text csv
    詳細な方法につきましては、弊社Urchinトレーニング・サービスをご利用ください。

  • このページの上部へ戻る

  • Urchin のディスク容量を減らす方法?

  • Urchin プロファイルのディスク容量を減らす方法は下記3つございます。

    ①ログ処理後に元のトラッキング データを削除する

     大規模なサイトの場合は、この処理によりパフォーマンスが向上し、

     保存されているデータ量を減らすことができます。

    ②過去のデータの自動アーカイブ

     過去の月別データを圧縮してアーカイブするようプロファイルを設定できます。

     ディフォルトは、1年(12月)で設定されています。

    過去のレポートのデータベース保存期間を制限する

     手動で過去のレポートデータを削除する。

    詳細は、⇒ 参照ページ  

  • このページの上部へ戻る

  • ユーザーのカスタム セグメントの定義方法は?

  • ユーザー セグメントを設定するには、Javascript の __utmSetVar 関数を呼び出します。
    各カスタム セグメントのコンバージョンは、[マーケティングの最適化] > [ユーザー セグメントのパフォーマンス] > [ユーザー定義] レポートで確認できます。
    詳細は、⇒ 参照ページ

  • このページの上部へ戻る

  • アドバンス フィルタの設定方法?

  • フィルタの一般的な用途には次のものがあります。

    • ウェブサイトでの自分操作を含めない。

    • ウェブサイトの特定のセクションやディレクトリに関するレポートを作成する。

    • 上位のコンテンツ レポートにドメイン名を追加する。

    • 上位のコンテンツ レポートに URL クエリ パラメータを追加する。


    上記の追加する方法は、アドバンス フィルタを使用する必要があります。
    アドバンス フィルタ オプションでは、既存の 1 つまたは 2 つのフィールドから、レポートに取り込むフィールドを作成できます。 POSIX 正規表現と対応する変数を使用して、フィールドのすべてまたは一部を取得し、結果を任意の順序で組み合わせることができます。
    Urchin 7 より、フィルタの順序を設定できるようになりました。
    詳細は、⇒ 参照ページ

  • このページの上部へ戻る

  • カスタムのログ形式の設定方法?

  • Urchinでは、apache、w3c、netscape などの標準ログフォーマット以外のログフォーマットも解析可能です。
    標準でない場合は、Urchin にそのフォーマットを登録することが必要です。

     保存場所:urchin install dir]/lib/custom/logformats/下 ファイルの拡張子「.lf」


    サンプルがございますので、そのサンプルとフィールドファイル fieldlist.txt を参照して、カスタムログフォーマットを設定します。
    設定が終了しましたら、ログソースでそのログフォーマットファイルを選択してください。
    詳細は、⇒ 参照ページ

  • このページの上部へ戻る

  • 選択したレポートで使用されるフィールド?

  • あるレポートの値をフィルタで変更したが、そのレポートで使用されているフィールドがわからない場合がございます。
    例) 上位のコンテンツ > utm_page_title, request_stem 
       タイトル別のコンテンツ > utm_page_title, request_stem 
    下記参照ページで対応するフィールドを探して対応してください。
    詳細は、⇒ 参照ページ

  • このページの上部へ戻る

  • UTM(Urchin Traffic Monitor)のGETパラメータの意味は?

  • urchin.js で、アクセスログに__utm.gifのGET行が追加されます。
    弊社サイトのcookieサンプルです。

    114.161.121.232 interlog-soft.com - [28/Nov/2010:01:20:31 +0900] "GET /__utm.gif?utmwv=1&utmn=648105643&utmcs=shift_jis&utmsr=1024x768&utmsc=16-bit&utmul=ja&utmje=1&utmfl=10.0&utmcn=1&utmdt=~&utmhn=www.interlog-soft.com&utmr=http://search.yahoo.co.jp/search?p=~&rs=2&aq=-1&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&utmp=/FileMaker/index02.html HTTP/1.1" 200 35 "http://www.interlog-soft.com/FileMaker/index02.html" "Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.6; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)" "__utma=208429002.648105643.1290874847.1290874847.1290874847.1; __utmb=208429002; __utmc=208429002; __utmz=208429002.1290874847.1.1.utmccn=(organic)|utmcsr=yahoo|utmctr=~|utmcmd=organic"

    utmwv   バージョン
    utmn   乱数
    utmcs   文字コード
    utmsr   画面サイズ
    utmsc   色数
    utmul   言語(ja)
    utmje   JavaAppletの実行(可:1、不可:0)
    utmfl   FLUSHのバージョン
    utmcn utmcr   新規、リピータ
    utmdt   ページタイトル
    utmhn   ドメイン
    utmr   リファラ
    utmp   パス(/)
    utmccn  キャンペ-ン
    utmcsr  ソース
    utmctr  キーワード
    utmcmd  メデイア
     

  • このページの上部へ戻る

  • Urchinで使用するクッキー(cookie)とは?

  • Urchin では、ファーストパーティcookieを利用しています。
    弊社サイトのcookieサンプルです。

    interlog-soft.com TRUE / FALSE 1353506990 __utma 208429002.996928240.1272354741.1290048775.1290071447.76
    interlog-soft.com TRUE / FALSE 1306202990 __utmz 208429002.1290071447.76.49.utmccn=(referral)|utmcsr=interlog.co.jp|utmcct=/index.html|utmcmd=referral

    __utma について
    <domainHash>.<unique-visitor-id>.<birth-time>.<previous-session-time>.<current-session-time>.<count-of-visits>
     <domainHash>:ドメイン名を表します。
     <unique-visitor-id>:ユニークユーザID
     <birth-time>:回訪問時のセッション開始時刻
     <previous-session-time>:前回のセッションが開始された時刻
     <current-session-time>:最新のセッションが開始された時刻
     <count-of-visits>:何回目の訪問


    __utmz について
    <domainHash>.<camaign-updated-time>.<counts-of-campaign>.<counts-of-session>
     <domainHash>:ドメイン名を表します。
     <camaign-updated-time>:最新のキャンペーンが始まった時間
     <counts-of-campaign>:今までの積み重なったキャンペ-ン変更回数
     <pcounts-of-session>:セッションの数
     utmccn:キャンペ-ン
     utmcsr:ソース
     utmcmd:メデイア
     utmctr:キーワード
     utmcct:広告の種類
     utmgclid:アドワーズで自動タグ

  • このページの上部へ戻る

  • ログ ローテションはどうすればよいでしょうか?

  • ログ ローテーション メカニズムはあまり複雑にする必要はありません。
    ほとんどの場合、UNIX 系システムの cron で簡単なシェル スクリプトや Perl スクリプトを毎日実行するだけで十分です。 スクリプトでは、既存のウェブサーバー ログをローテーションしてタイムスタンプ (%Y%m%d または YYYYMMDD 形式を使用) を付加し、ウェブサーバーを再起動する処理だけが必要です。
    ログ ファイル パスの指定で、ログ ソースの設定時にタイムスタンプが付加された、ログ ファイル名のパターンに一致するワイルドカード (例: Apache ログの場合は「access-log.*」、IIS ログの場合は「ex*.log」) を使用するか、Urchin に内蔵されたタイムスタンプ パターン マッチ (例: Apache の場合は「access-log.%Y%m%d」、IIS の場合は「ex%y%m%d.log」) を使用するよう設定します。
    また、必要に応じてディスク容量を抑制するため、古いログファイルを圧縮したり削除するロジックを付加します。

  • このページの上部へ戻る